HIPHOP

HIPHOP

HIPHOPダンスとは

ヒップホップダンスは、ストリートダンスの中でももっともポピュラーなダンスの一つで、一般的にはヒップホップの音楽・曲・ビートに合わせて踊ります。(注:必ずヒップホップミュージックに縛られるわけではなく、実際にはどんなジャンルの音楽でも踊れます)
基本的に、アップ↑(上で音を取る)とダウン↓(下で音を取る)のリズムをとりながら、様々な種類のステップ(動き)を組み合わせて踊ります。ヒップホップダンスのステップで代表的なものには「ランニングマン」がありますが、三代目J Soul Brothersの曲「R.Y.U.S.E.I.」で、間奏中にメンバー全員で指を指して踊っていたことでも話題となったステップです。
ヒップホップダンスの振付には、これでなくてはいけないといった決まりがなく、身体のあらゆるパーツ(頭、肩、胸、腰etc..)を使って音楽に乗って自由に踊ることが特徴で、ソウルダンスやジャズなど、他ジャンルのダンス要素を取り入れるなど、時代によって新しいスタイルが生まれ、進化を続けています。

ヒップホップの
歴史と豆知識

ダンスだけじゃない!ヒップホップは4つの要素でできている!

ヒップホップは、音楽やダンスだけに該当するものではありません。「DJ」「MC」「ブレイクダンス」「グラフィティ」の4つの要素からなる文化であり、その総称なのです!
ヒップホップの発祥地は、ニューヨークのサウスブロンクス。ここでヒップホップが生まれた発端は、生みの親と言われているクール・ハークというカリスマDJが、サウスブロンクスのマンションで催したパーティーにあるとされています。後に家からターンテーブルを持ち出して、ストリートや公園で展開。するとたくさんの若者が彼のDJプレイを観に集まったそうです。こうしてDJと、DJがかける音楽で踊るブレイクダンサー、ラップするMC、そしてグラフィティーの要素が加わり、ヒップホップという文化が誕生しました。

ヒップホップの歴史でみる、年代毎のスタイル!

ヒップホップを含むストリートダンスは、時代や音楽によって呼び方や躍りのスタイルが大きく変わります。「オールドスクール」「ミドルスクール」「ニュースクール」の3つに分類され、この中で、現在のヒップホップダンスは「ニュースクール」に分類されています。

オールドスクール

(1970年代~):ヒップホップダンス黎明期
ヒップホップの文化から発生し流行したダンススタイル。ブレイクダンス、ロックダンス、ポップダンスなどがあります。

ミドルスクール

(1980年代後半~):オールドスクールに次ぐヒップホップ全盛時代
テンポの早い曲調に合わせ、軽いステップを多用して踊るスタイルが流行し、その種類にはビバップ(BEBOP)やニュージャックスウィング(NEW JACK SWING)などがあります。ランニングマンなどのヒップホップの基本となるステップはこの時代に生み出されました。

ニュースクール

(1990年代~現代):ヒップホップの新しい価値観を提案した新世代
ストリートダンスのカテゴリーではヒップホップダンスはニュースクールに分類されます。ハウス(HOUSE)、クランプ(KRUNP)などもこれにあたります。ニュースクールは色々なジャンルのムーブが取り入れられ、常に進化していくダンススタイルです。